高収入を目指すなら業務委託契約で働こう!

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託で高収入を得よう

業務委託で高収入を得よう

LINEで送る

フリーランスと会社員の違い

ITが進化普及する前は、個人事業主の職業といえば小売業や一次産業が一般的でした。しかし、IT化社会が進んだことにより、ライターやプログラマー、デザイナー、エンジニアなど、その職種や分野は大幅に拡大しています。
会社員とフリーランスの違いはどこにあるのかというと、会社員は、勤務先の企業と雇用契約を結び、その契約のもとに仕事をし、一定の収入を得るのに対し、個人事業主として働くフリーランスは、クライアントと業務委託契約を締結して仕事に対する報酬を得ます。会社員が仕事の対価として得る収入は「給料」ですが、フリーランスが得る収入は「売上」です。「給料」の場合は、どんなに忙しい月でも、逆にどんなに仕事がなくて暇な月でも、振り込まれる金額は一定ですが、「売上」は仕事に応じた収入が入ることになります。

雇用契約と業務委託契約の違い

雇用契約と業務委託契約では、仕事に対する対価が「給料」か「売上」かという大きな違いがあることを前述しましたが、この差についてもう少し深く説明しましょう。まず雇用契約の場合、仕事の成果というよりも「勤務した時間」に応じて対価が支払われることになります。そのため、基本的には仕事がなくても決められた時間、決められた場所に拘束されることになります。
一方、業務委託契約の場合は「納品物・成果」に対する報酬です。税法の違いで言うと、仕事の対価を給料として支払われる会社員はの収入は「給与所得」として扱われますが、業務委託で働くフリーランスの収入は「事業所得」となります。給与所得者の場合、所得税は毎月の給料から天引きされ、年間の所得は年末調整で確定されるため、自ら確定申告をする必要はありませんが、フリーランスは一年分の事業所得や経費を集計し、自ら確定申告をします。経費管理や節税対策などの知識を身につける必要はありますが、基本的には全て自分の采配次第です。

成果に見合う報酬を得られる

フリーランスの場合、業務委託契約に基づいて「仕事の成果物」に対する報酬を得られるため、仕事に見合う報酬を得ることができます。評価がダイレクトに報酬に反映されるため、一般的には会社員として給料をもらうよりも高い収入を得られるようになるのがフリーランスのメリットです。IT系エンジニアの場合、一般的に会社員の1.5倍から2倍以上の収入を稼ぐことができるといわれています。
自分が納得できる案件や業務に対して、実力に見合う高収入を得て取り組めるため、働く意欲にもつながります。会社員として長く勤務してもなかなか給料は上がらない時代です。もし今、仕事量や実力と年収が見合わないと感じているなら、業務委託で高収入を得る働き方を考えてみませんか?

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは以下までお願いいたします。
Be_independence_1984@yahoo.co.jp

独立開業した方に好評

ページトップへ