開業して業務委託で働くための退職までのステップ

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

開業までの流れ

退職までのステップ

退職までのステップ

LINEで送る

2カ月前には退職の意思を伝えよう

フリーランスとして活躍するために、現在の会社を退職しようとしている人は、円満な退職を心掛ける必要があります。エンジニアとして同じ業界で頑張る事になるわけで、けんか別れのような状態で退職をすると、前の会社から変な噂を流されてしまい、フリーランスになった後の仕事に支障が出る恐れがあるからです。
まず退職を決意したら、会社に迷惑をかけないように早めにその意思を伝えましょう。通常2カ月前に意思を伝えると良いと言われています。その場合直属の上司にだけ伝えましょう。周囲の同僚にはまだ内緒にしておきます。上司からさらに役員や人事部に話が通じて、退職日が決まってから同僚に話をします。

引継ぎをきちんとしよう

退職日が決まり、みんながそれを知るところになったら、自分が退職した後も職場の仕事が円滑に進むように、引き継ぎ作業をおこないます。自分の後任者には、取引先についての情報や現在抱えている問題や商談などについて説明をしましょう。問題の多い取引先を担当する場合はどのような対応をすればよいかを伝えます。時間がある場合は、それらの特記事項についてノートにまとめて渡してあげると喜ばれると思います。
その後必要がある場合は、取引先に後任者を連れて挨拶に行きます。自分が会社を辞めてフリーランスとして働く事を伝え、これまでの感謝の気持ちを伝えましょう。もしかしたらフリーランスになってから仕事を依頼される可能性もあります。そして後任者の紹介をして、自分がいなくなっても仕事に困らない状態を作り上げておきましょう。

社内の挨拶周りをしよう

退職願は、退職日が正式に決まったら、2週間前までに直接の上司に提出します。そして自分の連絡先を上司や同僚に渡しておきます。引継ぎをきちんと行ったとしても、その後自分にしかわからない問題が起こる可能性があるからです。少なくとも自分が担当していた仕事が無事に終了するまでは、会社を辞めた後も責任を持って対処をするような心構えでいましょう。
そして最後に、会社の上司や役員、職場の同僚や、他部署の社員にも直接会社を辞めて独立をする事を伝えるために挨拶回りを行いましょう。感謝の気持ちをきちんと伝える事が大切です。こうして円満に会社を退職すれば、後に元の会社から仕事の依頼がきて取引先になってくれる可能性があります。実際に仕事の実力については元上司や同僚がいちばん理解していますので、仕事の依頼が来ることも珍しくありません。
そのためにも、けんか別れをしたり、途中で仕事を投げ出して退職する事だけは避けたほうが無難です。退職のプロセスは、最初の営業活動だと思うくらいでちょうどいいかもしれません。

独立開業した方に好評

ページトップへ