業務委託で働くために独立開業までの流れをチェック

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

開業までの流れ

開業までの流れ

独立開業に向けて、何はともあれ準備しておきたいのは資金です。業務委託で仕事をすれば高収入が得られますが、開業してすぐは思うように仕事がとれないこともあり、収入が不安定になる上に、税金や健康保険料、年金などの避けられない出費がかさみます。住民税や健康保険料は前年度の収入を基準に算定されるため、会社員時代に高収入を稼いでいた人ほどこれらの負担は大きくなりますので十分に注意してください。少なくとも1年間は無収入でも支払えるぐらいの余剰資金を用意しておきましょう。

必要な資金を貯めよう

必要な資金を貯めよう

独立からしばらくは苦しい時期が続くと思われますが、その間も住民税や国民健康保険料、国民年金保険料といったものを払わずにすませることはできません。したがって、独立の前にはある程度の資金を貯めておく必要があります。住民税と国民健康保険料は前年の収入によって変わるため、独立前の収入が高いほど高額になりますから、正確な試算をしておいた方が良いでしょう。国民年金保険料は免除申請をすることも可能ですが、やはり、これも含めて独立資金を考えておいた方が良いのは言うまでもありません。

独立前に用意する物

独立前に用意する物

フリーランスになる前に事前に準備をしておきたいいくつかの事があります。まずは仕事用に銀行口座とクレジットカードを作る事です。仕事で使うお金とプライベートで使うお金を分けると確定申告の時に悩まなくて済むのでおすすめです。また確定申告は青色申告でしたほうが断然得なのですが、そのために事前に必要書類を提出する事も大切です。そして青色申告の際に必要な複式簿記による帳簿を作成するために、会計ソフトを購入しておく事もおすすめします。

退職までのステップ

退職までのステップ

フリーランスとして独立し、会社を退職する事を決めたら、会社に迷惑をかけないように2か月前には退職の意思を伝えましょう。退職日が決まりそれが公になったら、引継ぎを行います。後任者に仕事の内容や取引先の特記事項などを伝えて、自分がいなくなっても円滑に仕事が進むようにしましょう。最後に感謝の気持ちを伝えるためのあいさつ回りもきちんとしましょう。円満に退社ができれば、元の会社が初めの取引先になってくれる可能性も十分あります。

開業届の書き方とは

開業届の書き方とは

開業届は開業後1カ月以内と決まっています。税務署のホームページから開業届をダウンロードして必要事項を記入しましょう。名前と納税地、そして職業名を書きます。職業名は自分で決めるのではなく総務省統計局が定めた「日本標準職業分類」から選ぶとスムーズです。開業届は税務署に提出します。同時に「青色申告承認申請書」も提出しましょう。青色申告をするため事前に提出する事が必要な書類です。開業届と一緒に提出すると二度手間にならずに済むでしょう。

独立開業した方に好評

ページトップへ