業務委託を開始する際は途中解除に要注意

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託を開始しよう

途中解除には注意しよう

途中解除には注意しよう

LINEで送る

途中で解除する事はできるのか

業務委託契約を結び仕事を始めたものの、どうも納期までには間に合いそうにない、または仕事が自分に向いていないのでやめたい…という事が起こるかもしれません。しかし基本的に業務委託契約を結んで仕事を始めた後に契約を途中で解除する事は難しくトラブルに発展しやすくなります。訴訟問題になる事もありますので、注意が必要です。いちばん大切な事は、きちんと業務委託契約を結ぶ前に契約内容をチェックしておく事です。本当に自分がやれる仕事か、期限内で仕事を終えられるかなどを考えたうえで契約を結ぶようにしましょう。

「委任契約」の契約解除権について

業務委託契約を解除したい場合、民法で「契約解除権」が認められています。ただし業務委託契約の内容によって差が出てきます。簡単に言うと業務委託契約が「委任契約」だった場合は契約解除がしやすいです。逆に「請負契約」だった場合は契約解除は基本的にできません。詳しく見ていくと「委任契約」の場合は仕事を委託した人も、受託した人も契約をいつでも解除する事が認められています。
ただし民法第651号で当事者の一方が、相手が不利な時期に解除した時は損害賠償の義務を負う、と定められています。もしもエンジニアが仕事が嫌だからといって、発注先の企業が困るタイミングで契約を解除すると、損害賠償を支払う義務が発生しますよ、という事です。もちろん企業側がエンジニアに迷惑がかかるタイミングで契約を解除する場合も同様です。

「請負契約」の契約解除権について

請負契約の場合は民法で、仕事の発注者は受託者が業務を完成させるまでの間にいつでも契約を解除できる代わりに、それ相応の損害賠償はするように、という事が定められています。仕事の発注者の権利は委任契約の時と変わりがないという事がわかります。ただし受託者、つまり仕事を受けた側のほうは違います。民法641条で、受託者は業務の完成を約束した以上、契約を途中で解除する事は許されない、と定められています。つまり委任契約と違い、請負契約をしたエンジニアは、どんなに納期を守るのが難しく、仕事を辞めたくても途中で契約を解除する事は基本的にはできないという事です。

話し合って途中解除をお願いする

ここまで見てきたように委任契約の場合はまだしも、請負契約を結んだ受注側から仕事を途中でキャンセルする事はできないという事がわかりました。そして請負契約に記載された納期を守れなかったり、成果を出せない場合は契約違反になり罰金などを課せられる可能性もあります。そのためどうしても契約を解除したい場合は話し合いの席を持ち、相手に納得をしてもらいできるだけ円満に契約を解除してもらうようにお願いするほかありません。またそれでも契約解除を認めてもらえなかったり、そもそも契約内容自体があまりにも不当だと感じた場合は、労働基準監督署、もしくは弁護士に相談してみるのも選択肢のひとつです。

独立開業した方に好評

ページトップへ