独立したら業務委託の仕事を開始しよう

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託を開始しよう

業務委託を開始しよう

独立してフリーランスとして仕事を始めるための業務委託案件の探し方を紹介します。業務委託の案件は、マッチングサイトを活用して見つけましょう。案件が成立すると手数料を支払うことになりますが、自分で営業活動をするよりも経費や手間をおさえて高単価な案件を見つけることができるため、はるかに効率的です。業務委託契約で仕事を始めるようになったら、途中解除などのリスクがあるので注意が必要です。契約はトラブルを回避するための行為ですから、契約内容は十分に確認することが大切です。

まずはマッチングサイトに登録

まずはマッチングサイトに登録

フリーランスとして独立したものの、業務委託の仕事ってどうやって見つければいいんだろう?という方も多いと思います。特に独立当初は、あてにしていた人脈からの仕事がもらえなかったり、思うように仕事が取れなくて予定が狂うということもよくある話です。独立したら、まずはマッチングサイトに登録することから始めましょう。マッチングサイトに登録すればスキルと希望に合う案件を紹介してもらえるため、営業にかける負担を大幅に減らせます。

トラブルを避けるポイント

トラブルを避けるポイント

フリーランスが契約においてトラブルとなるのは、そもそも契約が契約としての体をなしていない、端的にいえば契約書がきちんと交わされていないことにあります。そして、ただ契約書を作成するだけでなく、トラブルを回避するためには着手金やキャンセル料といったお金の問題、修正をどれだけ行うのか、瑕疵担保責任はどこまでの範囲なのか、そういった勘所をきちんと抑えて置くことが重要になります。ポイントを外さない契約書を自身で作成するのは難しく、専門家に依頼することも検討しましょう。

途中解除には注意しよう

途中解除には注意しよう

業務委託契約を結んで仕事を開始した後に、やっぱり契約を解除したいという事は基本的には認められていません。ただし委任契約を結んでいる場合は、ある程度の損害賠償を支払えば契約を解除できる事が民法で定められています。しかし請負契約の場合は、仕事を受注した側が途中で契約を解除する事は原則的にできません。発注側と話し合って、何とか解除をしてもらえるように頼むしかありません。大切な事は契約解除をしないで済むように契約書をきちんと読み込んでおく事です。

独立開業した方に好評

ページトップへ