業務委託契約の法律上の取扱いとは?

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託契約について知ろう

法律上の取り扱い

法律上の取り扱い

LINEで送る

ルールが決まっていない

フリーランスのエンジニアが取引先から仕事をするとき、毎回「業務委託契約」を結ぶ事になります。書面を介してきちんと契約を結んだのだから安心だと感じるかもしれませんが、実は業務委託に関する直接的なルールとなる法律はどこにも存在しません。だとすると業務委託契約を結ぶことに意味がないと思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。
仕事上「必要な契約を組みあわせたもの」かが業務委託契約であり、ひとつひとつの契約については法律できちんとルールが定められているからです。つまり業務委託契約を結ぶと、その中身であるひとつひとつの契約には法的な効力がありますので、仕事を依頼する側も受ける側は安心をして仕事を行うために意味があります。一方で業務委託契約に用いる契約の組合せについてはルールがないので自由度が高く、契約書を作る側としては非常に便利です。これらの理由が合わさって、現状では業務委託契約を結ぶのが慣例になっているのです。

業務委託契約書の中身はバラバラ

業務委託契約には「請負」や「委任」といって契約が含まれて、組み合わされています。請負も委任も法律で定められています。そして業務委託契約書という名の契約書でありながら、実質は請負契約を結ぶためのものであったり、委任契約を結ぶためのものであったりするのが普通です。そのため、実際に請負契約なのか委任契約なのかなどを見極めるためには、契約書の表記よりも、契約内容自体よく見てみないとわからないというのが実情です。仮に取引先から業務委託契約書を渡されたとします。この時点ではどんな契約内容なのかは知る由もありません。その後契約書を読み込んでいくと請負契約であることが分かったとします。そこでこの取引先と結ぶ契約は業務委託契約ではあるものの、本当は請負契約を結ぶのだということを知る事ができます。

便利だが注意が必要

このように業務委託契約というのは仕事上に必要な契約を入れる「箱」のようなものであり、中身が何であるかは契約書を渡された段階ではわかりません。箱の中に何かが入っているのか、請負契約なのか委任契約なのかを見極める必要があります。すべての取引先がきちんとしているかどうかはわかりません。時には悪意を持った取引先に出会ってしまう事もあるかもしれません。フリーランスになって働くということは大きな成果を得る事ができる反面、リスクも大きくなる事も事実です。業務委託契約書を渡されたら、面倒だとは思わずに、内容をきんと読むようにしましょう。軽い気持ちでハンコを押すとどんなトラブルに巻き込まれるかわからないという事を肝に銘じておきましょう。

独立開業した方に好評

ページトップへ