メリットは高収入!業務委託契約の基礎知識

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託契約について知ろう

業務委託で働くメリット

業務委託で働くメリット

LINEで送る

業務委託とは

皆さんは「業務委託」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?一般のサラリーマンは企業に雇われる形で仕事をしていますが、業務委託は企業から業務の依頼を受ける雇用形態のことを言います。企業と働く側の人間は立場的には対等の関係になります。仕事の完了日やそれまでの計画などについて企業と業務委託契約を結び、それに従って働くことになります。フリーランス・個人事業主として働いていると、企業側から業務委託契約で仕事を受注することがあります。なお、業務委託(契約)はあくまで仕事上の雇用形態の一種ですので、フリーランスの仕事のすべてが業務委託に該当するというわけではありません。

業務委託のメリットは高収入

業務委託のメリットは、主に収入と時間の2つの面にあると言えるでしょう。システム的に多くの仕事をすればそれだけ収入も多くなるため、頑張った分だけ収入が増えるというメリットがあると言えます。高いスキルを持っていて仕事をどんどんこなしていける人であれば、かなりの収入アップに繋がるでしょう。頑張った分だけ給与が増えるということは、それだけやりがいを持って働くことができるということになります。我々が働く際、どのようにモチベーションを維持するかということは大切なポイントになりますが、頑張ることが収入に直結するこの仕組みはモチベーションを維持する上で効果的なことと言えるでしょう。
他には、業務委託の場合、締め切りの期日をしっかり守れば自分のペースで働くことができるというメリットもあります。企業に属していると、勤務開始時間も終了時間もほぼ決められています。しかし業務委託で働く場合、そういった決まりはありません。あるのは締め切りの期日だけです。最初の段階でなるべく仕事を進めておいてあとはゆったり仕事をしたり、休みの日をうまく入れて無理せず働くようなこともできるわけです。仕事内容は様々で、ネットに繋がったパソコンがあればできる仕事も多くあります。働く場所も決められていませんので、好きな場所で好きな時間に働くことができるのもメリットになります。

デメリットはないのか?

業務委託のメリットは、仕事をすればした分だけ収入が増える点にあるわけですが、逆に言えば仕事をしなかったり、少ししかできなかった場合は収入が減ったり無くなることがあるわけです。これが業務委託のデメリットになります。企業に勤務していると、毎月安定した収入を得ることができます。業務委託では、頑張れば収入アップというメリットを得ることができるものの、仕事が無い場合のリスクを考えておかなければならないということになります。業務委託で安定して仕事を得ることができない人にとっては不安材料と言えるかもしれません。また、業務委託は企業に属していないため自営業になるケースが多く、その場合は健康保険や年金に自分で加入する必要があります。人によってはそれをデメリットととらえる人もいるでしょう。

独立開業した方に好評

ページトップへ