独立開業!業務委託契約の基本を知ろう

業務委託で独立開業しよう!

独立開業!業務委託で働くということ

業務委託契約について知ろう

業務委託契約について知ろう

フリーランスとして独立開業すると、仕事がとれなければ収入はゼロになるため、まずは仕事をとることに必死になります。そのため、つい相手の言いなりになってしまったり、契約がおろそかになってしまったりすることもあるようです。しかしそれがトラブルの原因をつくることになり、結果的に自分自身の首をしめてしまいます。独立開業してフリーランスとして活躍するなら、業務委託契約に関する基礎知識は必須です。法律上の扱いや独立開業の心得など、最低限知っておくべきことを紹介します。

業務委託で働くメリット

業務委託で働くメリット

独立してフリーランスとして働いていると、業務委託契約で働くケースが出てくるかと思います。今回は業務委託とは何なのかを解説していきます。業務委託の特徴を説明するためには、企業に勤務する人と対比するとわかりやすいかと思います。企業との関係や仕事の引き受け方、完了までの仕事の進め方などにおいて、企業に属して働くのと業務委託で働くのとでは大きな違いがあります。業務委託には収入がアップしたり時間を自由に使って仕事ができるメリットがあります。一方で仕事が無いと収入を得られないというデメリットもあります。

法律上の取り扱い

法律上の取り扱い

業務委託契約書を渡された段階では、これからどんな契約を結ぶのかどうかは、受注をするフリーランスにはわかりません。業務委託契約書に書かれている内容が請負契約なのか委任契約なのかは、契約書の中身を読むまでわからないからです。中身をきちんと読まないで、ハンコを押してしまうと、自分は委任契約だと思っていたのに、請負契約だったということが起こります。フリーランスになったら、できるだけリスクを回避できるように、きちんと契約書を読んで納得してからハンコを押すようにしましょう。

独立開業の心得

独立開業の心得

フリーランスとして働くと徹夜をして仕事をしたり、逆に次の日は午後まで寝ていたり不規則な仕事のルーティンになってしまいがちです。長くフリーランスとして活躍するためには仕事とプライベートのオンオフが大切です。仕事場にはきちんと服を着替えて入るようにしたり、規則正しい勤務時間を自分で決めたりすると仕事のペースをつかみやすくなります。また毎日根を詰めて仕事をするのではなく、カフェで仕事をする日を決めるなど、遊び心も取り入れると斬新なアイデアも浮かびやすくなるでしょう。

独立開業した方に好評

ページトップへ